2014年3月アーカイブ

腕時計は国産と海外製がありますが我が国は量産体制を採っている事で国民が安く時計を購入する事が出来るようになっている事です。時計の正確さは国内利用になっていますので気温を合わせての作りになっています。

それに比べ海外のブランド時計と国産では気温差があるために正確性で言えば国産の方が正確という事になります。外観では海外産は手作りの量産と言う方法を採っている事で丈夫で、見栄えの或る時計が多い事です。

同じ量産でも手作りと機械では、やはり異なるものがあります。例えば文字盤のガラスではクリスタルカットのガラスを使用していますので光線に当たりますと反射が強く出ています。またカットしたガラスですので宝石のイメージもありますので豪華さを嫌でも植え付けることになり、人は大事に時計を扱う事にもなります。同じ量産でも購入している人の医師機で取り扱いが丁寧になるという事に関係しているようです。

そのような事から部品の1つでも職人が手作りをしている事で時計産業が発達しているのっですが我が国でも古い時代では、そういう物作りをした時代がありましたが近年は機械による量産体制のために職人の数が減ってきているのは事実です。果たして何でもかんでも機械作りで良いのか疑問をかんじる時があります。

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04